「ふくらはぎ」健康の鍵です!!

5e622b659ac500028a8df0603ea135cd_m

ふくらはぎは足の血液を押し上げる第2の心臓!!

213319

心臓から動脈に押し出された血液は、毛細血管内で酸素と二酸化炭素、栄養と老廃物を交換したあと、静脈に流れて心臓に戻っていきます。

この循環系で、静脈血に対してポンプの役目を果たしているのが筋肉です。周囲の筋肉が収縮し、血管に圧力をかけていくことで、静脈血は心臓へと押し流されていくのです。

ただし、人体も重力を受けています。心臓の下部に流れた血液は、その重力に逆らい、上っていかなければなりません。もちろん、心臓から遠くに流れた血液ほど、重力は大きくかかってくるわけです。

 

 

健康管理の一番の秘訣は血液の流れを円滑に保つことです。

そのための重要な鍵を握っているのが、実は足の「ふくらはぎ」なのです。
人が病気になるのは、血液循環が停滞し、組織の活力が失われた時です。

244528

血液が全身を円滑に循環できる体づくりをしていくことは
健康を守るための最重要課題です!

そこで注目したいのが、心臓から最も特に位置する筋肉器官の「ふくらはぎ」の働きです。

229787

「ふくらはぎ」は足の血液を押し上げる第2の心臓として働きながら、心臓の動きをコントロールしている高度な器官なのです!

直立二足歩行を始めた人類が重力に抵抗し、血液循環を成立させるための武器として手に入れたのが、ふくらはぎです。

足先に流れた血液を、ふくらはぎの強靭な筋肉群が力強く押し上げる。その勢いを受けて静脈全体の流れが活性化し、血液は滞りなく心臓に戻される仕組みになっているのです。

 

ふくらはぎの働きが血圧にも!

206149051d5b776245fd06bafdf00e6b_m

また、「ふくらはぎ」が健康で心臓へ戻る血液量が増えると、心房性ナトリウム利尿ペプチドという心房から出るホルモンがより分泌されます。このホルモンは利尿採用を促すと同時に、血管を拡張して血圧を下げる働きがあると言われています。

さらに、「ふくらはぎ」が健康になり血行が改善すると、足の冷えがとれて体が温まります。すると気持ちがリラックスして、自律神経の副交感神経が優位に。これも血圧を降下させるのに役立ちます。

「ふくらはぎ」の働きが活発になると、心臓への血液の戻りをよくするだけではありません。いくつもの観点から、血圧を下げるのに有効といえるのです。

 

健康なふくらはぎ無くして健康はありえません

a5fb7877213a97f0f0ccd4ab9c24bd59_m

では、体の内側から血流をよくして体を温めるには?

かんたんです。

「ふくらはぎ」を温める加圧式のサポーターでポンプ動作を外圧でサポートして血液を押し上げてあげるだけです。

kc15001-1 img_0001 img_0015 img_0014
これで自律神経もととのい、免疫力が格段に上がります。

192039

「k.creation」は皆様に「暖かさ」を提供し「健康」を得るためのお手伝いをさせて頂きます。

こちらをクリック↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

kcreatekey2

%e8%ba%ab%e4%bd%93%e3%82%92%e6%b8%a9%e3%82%81%e3%82%8b2

%e3%81%8a%e8%85%b9%e3%82%92%e3%82%92%e6%b8%a9%e3%82%81%e3%82%8b2


Top